発売元 : Nautilus Records
http://nautilus.shop-pro.jp/

●GUEST PLAYERS
アルバム「KURSK」のために、各界一流のプレーヤーたちが集結。
織り成す驚愕の世界観。やはりホンモノは違う。何から何まで違うのだ!
(データ入手順に掲載しています)

●渋谷ポッポ祥之
(ラテンパーカッション)

ラテンの殿堂、日本の元祖ラテンバンド「有馬徹とノーチェクバーナ」で鍛え抜かれたラテン魂はホンモノだ!それでもまだ飽き足らず単身本場キューバに殴りこみをかけるというトンデモ野郎が一番名乗りを上げた。「何ィ〜?プログレぇ??俺にもヤラせろ!!」一打一打に魂を込めたラテンサウンドが今、炸裂する!

poppo_01.jpg
yukiyamada_01.jpg
●山田ヒロシ
(コントラバス)

札幌交響楽団・林雄一氏仕込みの華麗な弓さばきを必殺技に内外のジャズメンとの共演、真梨邑ケイのコンサートツアー等、フリーのミュージシャンとしてミュージカル、ライブハウス、スタジオレコ―ディングと大忙しの中「クルスクレコーディング」の一報を聞きつけ、勇躍参戦する。「フッ、貴公の望むところ、しかと承った・・・」
●森 敦子
(バイオリン)

確かな技術力と卓越した音楽センスはクラシックにとどまらず、TV、オンステージライブ、スタジオワークなどジャンルを問わず活動中。無論プログレとて例外ではない。ハードな要求にもクールな外見に似つかわしくない熱い音楽魂で応えてくれた。長身、美形のとにかく絵になる人で、オンステージのサポート役として引っ張りだこの毎日。
moriatsuko_01.jpg
watanabe_01.jpg
●渡邊豊秀
(ホルン)

ズバリ、必殺仕事人。あらゆる難題をクリアする技術力は、聴くものに「ホルンって意外と簡単かも」などと勘違いさせるくらい見事なのだ。一流とは斯くありなん!現在、内外オーケストラのエキストラ、ミュージカル、吹奏楽、アンサンブル等多岐にわたり活動する一方で、オーケストラや吹奏楽の指導など後進の育成にも余念がないという超多忙な人。
●山田百合子
(ソプラノ)

クラシック音楽の中でも日本に於いてあまり知られていない北欧歌曲の普及のため自らコンサートを企画、CD制作、また日本歌曲の紹介を兼ねて現地で交流を深めるなど、精力的な活動はとどまるところを知らない。そういう人間でなければプログレに名乗りを上げるなど到底できないだろう。親分肌の面倒見の良さからか、周囲にやたら人が集まる。
yamayuri_01.jpg
●MEMBERS
クラシックに古典、近代、現代の流れがある如く、プログレもまたロックというメンタリティにとって必然性がもたらした進化の道程にあり、次の世代に正しく継承されるべきものとすれば・・・・・そう、その答えが今、カタチになる。
●桜井良行
(ベース)

HALオリジナルメンバー。過去から現在に至るまでHALのサウンドの中核を為している。これは作曲者自身がベースラインを非常に重要視していることもあるが、そうでなくともロックである限りキャラクターを決定づけるのはベースの役割である。演奏中起こりうるアクシデントに耐えて凌ぐのも然りである。上モノのみなさん、長ったらしいアドリブはやめよう。
●木寺 誠
(ギター)

14歳でロックに目覚めギターを手にするという典型的なロック小僧。極めて無口な人物。だが会って見ると、しゃべるエネルギーがあったらその分誠実に人と音楽に向き合いたいという生き様が伝わってくる、珍しく名前通りの人間。進化し続けるその姿に次世代プログレ弾きの代表格との期待は更に高まる。最早彼の前で言葉は要らない。音を聴いてくれ!
kidera_01.jpg
satake_01.jpg
●佐竹尚史
(ドラムス)

高校時代に聴いたイエス、キングクリムゾンでプログレに開眼、ドラマーを目指すも何故かこのタイミングで音大打楽器科へ。卒業後はライブハウスを荒らしまくり54NUDE HONEYSなどエグい修羅場もしっかり経験!小松亮太氏、宮崎勝央氏などジャンルを問わず活動するも、2011年に元GONGのブノア・ムーラン氏と共演するなど、プログレの火は健在だ。
●鎌田洋一
(オルガン・シンセサイザー・尺八)

作曲、編曲、プロデュース担当。ピアノを市島恒代氏に師事する。幼少の頃、教則本にない指使いで弾いていた際「あなた器用ね〜」と褒められた?事に深い感銘を覚える。たぶん死ぬまで忘れないだろう。また後年尺八を石倉央山氏に師事する。10年目くらいの時「だいぶん私の音に似てきましたね」と言われた。これも自分の宝物だ。ありがたや。
kamata_01.jpg
●JACKET DESIGNER
音と映像は本来一体のものである。音は時の中を経過する。だがジャケットの絵は動かない・・・筈なのに見つめていると何故か時の波動が伝わってくる。こういうジャケットを待っていた。奇才が描く憂愁のクルスク。
●金子デメ
(ジャケットデザイン)

2005年のデビュー以来、独特な作風とキャラクターでセンセーショナルな活動を展開し続けている。プロフィール、著書の類はネット上に多数見受けられるので、ここでは割愛させて頂くが、実は音楽もかなりイケる口らしく決して侮れない。ともかくもギャラがハネ上がる前にお仕事が頼めて良かったの一言に尽きる。(次回は無理かも知れない・・・)