発売元 : Nautilus Records
http://nautilus.shop-pro.jp/

History Of 「HAL」

・HAL(ハル)は1975年5月、ロックの黎明期〜円熟期、更にはプログレの台頭を肌で感じながら育った4人の若者たちによって結成された。ポリシーや音楽的言語はあくまでもロックでありながら、素材やアプローチの選択に於いては限りなく自由であったため、当時としてはあまり類を見ないサウンドとなった。惜しむらくはライブを主体としたわずか6ヶ月間の活動だったため、世に広く知られることは無かった。

・HALの中心的メンバーだった2名がセレナーデのメンバーと合流して、日本のプログレッシブロックバンドの最高峰と称される、のちの「新月」を結成したことで、セレナーデとともにHAL=「プレ新月」として知られるようになる。

・2005年にAVALONより発売された新月の6枚組アルバム「新月全史」に、結成当時のHALのライブ音源が収録されていたことで注目を集める。

・2006年にHALのメンバーとRINGのメンバーが合流、「HAL&RING」を立ち上げる。POSEIDONより、HALのオリジナル他を収録したアルバム「ALCHEMY」が発売され、同時にレコ発記念ライブが行われる。

・2013年に「Nautilus Records」より実質的なHALのセカンドアルバムとなる「KURSK」が発売される。

「HAL」オリジナルメンバー
・津田 治彦   (Guitar)
・鎌田 洋一   (Keyboard)
・桜井 良行   (Bass)
・高橋 直哉   (Drums)

「HAL 2nd. KURSK」収録メンバー
・木寺 誠    (Guitar)
・鎌田 洋一   (Keyboard)
・桜井 良行   (Bass)
・佐竹 尚史   (Drums)

※上記は楽器順に掲載しました。